• ホーム
  • 勃起不全と治療薬の選び方

勃起不全と治療薬の選び方

笑顔の夫婦

勃起不全とは、陰茎(ペニス)がたたないことであり、原因はいろいろあります。
1つは老化現象です。
これは個人差もありますが、若いときと同じようにはなかなかいかないです。
ですが60代でもたつ人はいます。
2つは糖尿病などの病気を持っている方です。
糖尿病は血流の改善を悪くしますので、陰茎に影響します。
3つは精神的心理的なものです。
過度のストレスを帯びていると勃起不全になりやすいです。
これは年齢を問わず誰でもなりえます。
以上の3つが原因だと思ってください。
そのため勃起不全になると、この不全を解消する飲み薬があります。
必要であれば泌尿器や内科を受診するといいです。
ただし、薬ですので、副作用がつきものです。
心臓を患っている方にはおすすめすることができません。
ですから問診のときには、かならず持病や飲んでいる薬のことをお伝えしましょう。
薬によって併用できないものもありますので注意は必要です。
ストレス社会の今日、この薬をもらいにくる多くは、精神的ストレスです。
現代社会を反映しています。
今、この薬は多くの国々で使用されており、莫大な売り上げを伸ばしています。
外資系の製薬会社が開発したもので、現在でも、勃起不全の薬といえば、この1つしかないのが現状です。
そのためネットでも販売されるようになりましたが、中には偽薬もありますので、ネット購入する方は、ご注意ください。
正式には病院を受診して薬局で交付してもらったほうが、薬剤師の方から副作用な飲み方に関する問題などを説明してくださるので、安心ができます。
ネットでは1錠あたり数千円の高値もありますので、こうなると余計に怪しいと思ったほうがいいいです。
この薬を飲む前にまずは、不全の原因になっている要因を解決しましょう。